2009年06月03日

捨て犬の十戒

かなりのご無沙汰です。。。顔(汗)
ハナも私も元気にしていますよ
毎日、老犬ブログやお友達のブログを読んではいるのですが
コメントも残さず読み逃げばかりしています。あせあせ(飛び散る汗)

話は変わりますが、動物が好きな方なら動物関係のテレビとかは
絶対見ていらっしゃいますよね?
私も見れる時には絶対見るのですが
先週放送された『天才!志村どうぶつ園』で
動物と話せる女性・ハイジのお話には涙・涙でした。
コロもきっと「死にたくない!みんなともっと一緒にいたい」って
思ってたんだろうなって・・・
その次の日にはWOWOWで『犬と私の10の約束』という映画も見て
これまた涙・・・
この映画は「犬の十戒」という短編詩を元に作られた映画です。
時々、私はコロに怒ったり、ケンカもしたけど
最低限の約束は守れたよね。。。


そんな中、ネットをしていてもうひとつの十戒があるのを知りました。

それは・・・


捨て犬の十戒

−NPO法人日本ヒューマン&ペット協会作−


1. 僕を迎えてくれた時の事は決して忘れません。
  暖かい家族の中で幸せでした。
  ご主人様との楽しい思いでは決して忘れません。

2. ご主人様が望んでいるようには振る舞えなかったかもしれません。
  僕はあまり可愛らしくなかったかもしれません。
  でも、ご主人様に喜んでもらいたくて
  精一杯頑張ったことだけは本当です。

3. ご主人様がいなくなっても
  きっと迎えに来てくれると思って待っています。
  側にいられなくなった訳は良くわからないけど…
  僕を嫌いになったからじゃないと自分に言い聞かせています。

4. 僕を産んでくれたお母さん、お父さんに、ありがとうって言いたい。
  こうして楽しい思い出を宝物にできたのも
  命を与えてくれたからです。
  生きているから味わえたのです。ありがとう。

5. 今は、たくさんの仲間たちと一緒に暮らしています。
  でもみんな悲しそうです。
  僕もなぜか寂しい、物足りない気持ちでいっぱいです。

6. 多くの仲間達は、連れていかれ二度と顔を見ることもない毎日です。
  そのときの悲しそうな目を見たことがありますか。

7. 一部の仲間達は、たまに新しいご主人が連れて帰ります。
  ご主人様が迎えに来てくれないなら
  僕も新しいご主人様に連れて行かれるかもしれない。
  優しいご主人様だったら嬉しいけど・・・

8. 僕にはご主人様を選ぶことはできません。
  でも僕を迎えてくれるご主人様が、どこかにいるかもしれない。
  もしそうなったら、今度はもっともっと気に入られるように頑張ります。
9. ご主人様、早く僕を迎えに来てください。
  そして今度こそずっとそばに置いてください。
  それだけが僕の願いです。

10. ご主人様、これだけは覚えておいてください。
   僕だって生きているということを。
   心だってちゃんとあるということを。
   天に召される最後の時まで
   ご主人様に尽くしたいと思っていることを。



コロも捨て犬でした。
20090603-1.jpg
Photo Date -2006年4月-生駒高原にて(16才)

20090603-2.jpg
Photo Date -2006年4月-生駒高原にて(16才)

もし、あの時出会わなかったら処分されていたかもしれません
我が家に来て約19年近く。。。
今は遠い所へと旅立ってしまいましたが
きっと今頃は下の写真のような所で楽しく
色んな仲間と走り回っていることでしょう


それからエル姉さんのブログで知ったのですが

宮崎県の「ひまわりの家」で
「増えすぎて要らないから」と持ち込んだ身勝手な人間によって
犬パルボウィルス感染症が発生し大きな問題になっているそうです。
そのために現在、存亡の危機を迎えているそうです。
ひまわりの家の仔達や管理所の仔達の大切な命が少しでも
長く生きることが出来るようにご協力をお願いします。

詳細はこちら右命の架け橋 ひまわりの家

■ご支援の募金の振込口座■
イーバンク銀行 リズム支店(支店番号209)  普 7029426
口座名義:特定非営利活動法人 みやざき動物のいのちを守る会
カナ:  トクヒ)ミヤザキドウブツノイノチヲマモルカイ

■ご連絡先及び支援物資のお届け先■
〒880-0045 宮崎市大瀬町4654 宮崎県中央動物保護管理所内
  「ひまわりの家」0985-41-2050

皆様のご協力をよろしくお願いします。




ニックネーム koro at 12:18| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リンクをどうも有難うございます♪

ハイジの番組は私も見ました。
あんなに痛くて辛いのに・・・家族と一緒にいたい…って叫びを聞いて号泣してしまいました。
自分よりいつでも家族のことを考えてて。。。本当にどうしてあんなにワンコって忠実な生き物なんでしょう。それに比べて人間は・・・
どれだけ多くの人がワンニャンを代弁して現状を叫び続けてもまだまだ無責任な飼い主や悪質な業者は生き続けているんですものね。同じ人間として恥ずかしくてたまりません。

そして捨て犬の十戒にも号泣です(涙)
きっとこう思っているんでしょうね。最後の檻に来てしまっても飼い主を信じて待ち続けているんだろうと思うと涙が止まりません。
捨て犬も捨て猫も元を辿れば身勝手な人間のせい。どの子も幸せな一生を過ごすために生まれてきたんですよね。かけがえのない命を簡単に捨てたり殺したり・・・。捨てられたワンニャンはもちろんだけど、その子達を助けたいと思って頑張って下さる方々も現状では身を切る思いで命の選択をしなければならないんですもの。極論だけど捨て犬を処分するより捨てる癖の人間を見つけて社会から隔離した方が絶対悲しい現実はなくなると思ってるんです。
本当にシェルターとアニマルポリスが一日も早く実現して欲しいです。

そうよね、世界一幸せな一生を過ごしたコロちゃんも捨てられたことがあったのよね。コロちゃんの表情からはそんな辛い過去を微塵も感じさせないですね。一人で彷徨っていたときは裏切られて悲しくて淋しくて仕方がなかったでしょうに、その心の傷を埋めてくれるkoroさんとの出会いがあって本当に良かった。
天国は一番癒された記憶と同じような景色のところだそうです。母の臨死体験でもそうだったそうです。
きっとコロちゃんはたくさん楽しいお出掛けをしてたから、アチコチの風景を楽しんでいると思います。
この世に生を受けた子がみんなコロちゃんみたいに至福の人生を過ごせる日が訪れることを心から祈りたいです。
Posted by エル姉 at 2009年06月03日 13:04
猫 エル姉様

いえいえ、皆さんに知っていただきたいと思って
勝手にリンクさせていただきました。
少しでもお役にたてればいいですけど・・・

エル姉さんもハイジさんの番組見られたんですね
もうね、号泣でしたもうやだ〜(悲しい顔)
自分の体の自由も利かず痛みさえ伴う状態の中で
家族を守ることが出来ない!
自分のことよりも家族のことや
もう一人のワンコのことまで気遣って・・・
ご家族の方がとても大切にされていたからこそだとは思うけど
ホント犬ってすごいな〜って思いました。
「死にたくない! もっと家族と一緒にいたい!」
この言葉は胸に突き刺さりました。
コロが苦しくて鳴いていた時
こんなこと思ってたんじゃないかって。。。

も初めて知ったのですが
テレビ等で保健遜にいる犬の姿をみると
飼い主が迎えに来てくれるのをひたすら待ってる犬
隅の方で震えながらいる仔
諦めた様子でじっとしている仔
この捨て犬の十戒で
「今度はもっともっと気に入られるように頑張ります。」って
書かれてあるけど
頑張らなきゃいけないのは人間の方なんですよね
何にも悪い事していないのに
人間の身勝手で捨てられる命・・・
この前地元の新聞紙に載っていたんですけど
熊本損の保健遜での処分数は減ってはいるけれど
引取り数は増えているそうです。
そういうことが少しでも改善するようにと
愛護センターの方々が命の大切さをわかってもらうために
今後、小学校などに講演活動みたいなことを
していかれるそうです。
エル姉さんの言われるように
日本にもシェルターやアニマルポリスが
できるといいですね!

コロは捨て犬だったから私たちと出会うまでは
きっと不安な日を過ごしたと思います。
でも、運命の出会いをしてから約18年半
私たちと過ごした時間はきっと幸せだったと思います。
私たちもコロと過ごすことが出来てとても幸せだったから
不幸な犬や猫がいなくなる日がくることを
祈りたいですね。
Posted by koro at 2009年06月03日 15:27
koroさん

こんばんは。
「捨て犬の10戒」涙が出てきました・・・
よるも、捨て犬ちゃんなので
ほんと、やり切れない思いですもうやだ〜(悲しい顔)
みんな、かわいい同じワンなのに・・・

私は、よるが若い頃は犬のテレビも見れたのですが
最近では、全く見ることができません・・・
現実を見るのが、怖くって・・・
よるの近い将来を見るのが、怖くって・・・・
現実逃避の弱い私ですあせあせ(飛び散る汗)

本当に、勝手な人間のせいで大切な命を落としてしまう
犬の為に、微力ながら協力出来たらと思います。

コロちゃん、きっとこんな所でたくさん走り回っているのでしょうね!
私も、そう思います!

Posted by よるまま at 2009年06月04日 00:16
猫 よるまま様

おはようございます!
「捨て犬の十戒」・・・
読んでいてとてもせつなくなりますよね
よるちゃんも捨て犬だったんですね
よるちゃんやコロみたいに捨てられても
新しい家族と出会えて幸せに暮らせるワンコもいれば
誰にも愛されずに死を迎える仔たちも多いんですよね
保健所等に収容されているワンコの姿を
テレビで見るだけでも辛いのに
実際現場で働いていらっしゃる方は
もっと辛いだろうなって思います。

よるちゃんが日々老いていく姿を見るのは
辛いかもしれませんが
よるちゃんにとっては先のことよりも
今生きている瞬間が幸せであれば十分なんだと思います。
よるままさんがいつも笑顔でいられることが
よるちゃんにとっては一番の幸せだと思います。
介護は大変だけど頑張ってくださいね!
よるちゃんの前では元気に明るくGood
Posted by koro at 2009年06月04日 09:06
無責任な飼い主が一人でもいなくなりますようにexclamation×2
願いを込めて見させてもらいました。
微力ですが、私に出来る事から始めたいと思います。
Posted by うなパイ at 2009年06月04日 11:11
猫 うなパイ様

ありがとうございます!
たった一人の身勝手な人間の為に
新しい出会いを待っている仔たちが
苦しい目にあってることを知り
本当に許せない気持ちと怒りを感じます。
私も微力ではありますが
自分に出来ることをしたいと思っています。
小さな力でも集まれば大きな力になります。
いつもうなパイさんに暖かいコメントをいただき
私も元気をもらっています。
本当にありがとうございます!!
Posted by koro at 2009年06月04日 12:55
ご無沙汰しています。
(最近、私も読み逃げばかりですみません。)

捨て犬の十戒。初めて知りました。
私もリンクさせてくださいね。

私達人間がより沢山、動物を理解する事によって、救われる命が沢山ありますね。
これも、沢山の人に知って頂きたいですね。
Posted by Pun at 2009年06月11日 08:37
捨て犬の十戒
読んでいくうちに苦しくなって涙が出てきました。
そうですよね。ワンコは人を愛して人を信じる生き物ですものね。
そう思うと、人間なんかよりもずっと精神が進化しているのかも、、と思います。
祖母の家のコロも捨て犬。
声をかけた伯父についてこなかったら、今は生きていたかどうかも。。。そのとき逃げていってしまったというコロの兄弟は。。。

一つの命の大切さは変わらないということ、全ての人が気付いてくれたらと願うばかりですよね。
Posted by じゅん at 2009年06月12日 23:51
ご無沙汰してました。

私もハイジのTVで泣いちゃいました。
私も動物の気持ちが、もっと×2分かればいいなぁと思います。

動物を捨てる人、
動物をいじめる人
動物を・・・・
・・・・・・・

と言う風に、
そんな事なら、「初めから飼うな!!」
ですよね。

我が家も捨て犬の子がいます。
リキ&虹の橋に行ってしまったモジャ。
後、ペットショップで売り物にならないからと里親募集でひきとったペル。
大きくなりすぎて処分されそうになってたハムスター。

そんな子達が多い我が家は、
本当に動物好きです。

この子達をひきとらなければ、保健所行きetcでしたでしょうねぇ。

私は、人間のエゴだと思ってます。


「捨て犬の十戒」、
よく分かります!!
泣けてきます。
ほんと、捨て犬の気持ち、
捨てた人間に分かって欲しいです!!

リキの場合、捨てた人間のせいで
「分離不安症」と言う心の病気にかかってしまいました。
捨てた人間、許さない!!


koroさん、
私でも、何かのお役に立てるでしょうか???


Posted by MIE at 2009年06月13日 08:02
アリガト Pun様

いえいえ、私の方こそ更新もせず
みんなのブログも読み逃げばかりです顔(汗)

捨て犬の十戒は私もネットをしていて
初めて知りましたが
読んでいてせつなくなりますよね
もっとたくさんの人に知ってもらいたいです。

人間は何かしらの見返りを期待するけど
動物たちは無償の愛ですもんね!
そんな仔たちのことを裏切らないように
精一杯自分に出来ることを出来る限り
やっていくことが一番だと思います。
Posted by koro at 2009年06月22日 12:42
アリガト じゅん様

捨て犬の十戒。
読んでいてせつなくなりますよね
信じていた人に裏切られ捨てられても
信じて待っている犬たち・・・

テレビで処分を待つ犬たちの姿を何度か見たことがあるけど
その姿はホントにせつないです。
老いや病気や飽きられて捨てられ
迎えに来ない飼い主を今か今かと
待ち続ける犬たちの姿
ああいうのを見るたびに飼ってた犬を
あんなに簡単に捨てることが出来るなって
いつも思います。

じゅんさんのお祖母さんのコロちゃんも
捨て犬だったんですか、兄弟犬もいたんですね
その逃げた兄弟犬も誰かに保護され
幸せに暮らしているといいですね
Posted by koro at 2009年06月22日 12:56
アリガト MIE様

MIEさんもハイジのことご覧になったんですね
私も泣きましたね〜
自分の体もままならないのに家族の心配ばかりしていて
ホントに愛情をかければ
何倍にもしてお返ししてくれるんですよね
今思えば、何も何もしてくれなくても
いいんですよね!
ただ傍に居てくれるだけでも幸せだったんだって
居てくれるだけでも癒されたし
ホントに幸せな時間でした。

MIEさんの家族も色んな経験をして
今は幸せに暮らしているんですよね
私もペットショップで売られている動物たち
売れ残った仔はどうなるんだろう?って
いつも思ってるんです。
小さいうちに母親から離され
ガラス張りのケースに入れられ
たくさんの人たちの目にさらされ
不安で一杯なんじゃないかなって・・・

リキちゃんも捨てられたことで
大変な思いをしているんですね
以前、出先で出合ったワンちゃんが
すごく人懐こくってものすごく喜びまくるので
飼い主さんに聞いたら
何度も飼い主が変わっているので
今度こそ捨てられないように媚びているみたいですって
おっしゃってました。
「今度は捨てないでね!」って言ってるみたいで
なんかせつないですよね・・・
捨てられるのも虐待もトラウマになるけど
飼い主がコロコロと変わるのも
トラウマになっちゃうんですよね

MIEさんもみんなと最後まで一緒に居てあげてくださいね!
Posted by koro at 2009年06月22日 13:17
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1751056
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック